水道における水漏れ修理の業者選び

水漏れをはじめとした水道 修理する際には、自分で修理することも可能ですが、業者に依頼する場合もあります。その際に、確認すべきポイントは費用と修理に関する技術です。そこで、業者に依頼する上でのポイントを紹介します。

■水道 修理業者に依頼する前に

依頼する前に、水漏れが起きると慌ててしまいやすいです。床下の濡れ具合がひどくなったり、水が止まらない状態が続けば、パニックになる方も多いです。特に賃貸物件の場合は、放置することで他の住民間のトラブルにもなりかねません。水道 修理業者に依頼する前に、水漏れが起きた場合は元栓や止水栓を止めるようにしましょう。水回りの給水管や蛇口からの水漏れの場合は、取り付けられている元栓や止水栓があります。ドライバーがあれば止めることが可能です。
元栓や止水栓が確認できない場合もあります。この場合、建物の外にある大元の元栓や止水栓を締めます。建物全体の水がその間止まってしまいますが、建物の被害が大きくならないためには必要な作業です。それぞれ対応した上で、賃貸物件の場合は管理会社に報告をしてその後の対応をするようにしましょう。

■水道 修理業者の選び方

水道 修理業者を選ぶ際のポイントを紹介します。水漏れが起こったら冷静な判断が出来ず、どこでも良いと考える場合も想定されます。時間のある時に複数社のホームページや広告で、料金体系や施工実績などの情報収集をすると冷静な判断に繋がります。見積もりや出張料金が無料の業者もありますから、各種相談、利用することも一つの方法です。その際には、緊急時対応できるか否か、及び明確な修理や料金体系の流れを説明できるところが良いでしょう。スタッフの応対や身だしなみも大きなポイントです。
水漏れなどのトラブルが深夜や早朝に起きることも想定されます。その場合は、24時間毎日営業している大手水道 修理業者に依頼するようにしましょう。緊急を要する場合には、相応にかかる費用を用意できていないことも想定されます。決済方法は概ね現金ですが近年では、クレジットカード対応の業者もあります。費用が間に合わないときには心強いです。

■まとめ
水道 修理にかかる費用は安くありません。水漏れは急に起きることも想定されます。それぞれに予め費用や現場に駆け付ける時間などを、可能な範囲情報収集しておくと良いでしょう。水漏れが起きた際には、慌てないで止水栓や元栓を止める作業をすることで、二次被害を防ぐことに繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ