様々な箇所における建物の水漏れ修理について

様々な箇所における建物の水漏れ修理について 住生活を送るにあたって、水のトラブルは発生します。部品の経年劣化だったり、外気による影響や間違った仕様の仕方など理由は幅広いです。キッチンやトイレはもちろん、エアコンや備え付けの機器からの水漏れも起こります。それぞれ修理が必要となりますが、工具や知識があれば自分自身で行うことが出来ます。一方、賃貸物件など自分以外の方が生活している場所だと、間違った修理をすることで二次被害を与えると、トラブルになりかねません。二次被害を防ぐために、住生活で起こり得る水のトラブルの概要と対処の仕方を紹介します。

■エアコンの水漏れ修理が必要な場合

室内機や室外機で構成されているエアコンも、水漏れが起こる箇所の一つです。生活場面で使用する水を利用して温度や風量調整や、結露などの外気から住空間トラブルを防ぐことが出来ます。近年では冷暖房や除湿などの機能が複数あるタイプから、室外機を必要としないタイプなどありますが、それぞれ水によって調整しています。
これが湿度の高い状況下での運転をすることでも、リスクが高まります。風量が不足している場合や、結露によっても起こります。特に、エアコン内部でごみなどの詰まりが起きていると、流れが悪くなり水のトラブルに繋がりかねません。極端な温度や風量設定をすることでも、機器に負担がかかり、水漏れの原因となります。定期的なメンテナンスが必要ですが、特に季節の変わり目がポイントです。長期間使用していない場合は、ホースなどに落葉や泥土が溜まっていることが多く、水のトラブルに繋がりやすいです。

■機器からの水のトラブルの場合
建物における水のトラブルとして、給湯器やお風呂、洗濯機などの機器からも起こる可能性があります。お風呂の場合は、シャワーや浴槽などからも水漏れが起こり得ます。各種パッキンやカランの経年劣化や、強い力を与えたことによる負荷が主な原因です。
洗濯機も水のトラブルが起きやすいところです。給水ホースが汚れなどで塞がっていると水漏れを起こしやすくします。裂傷や穴が開いている状態や、洗剤ケースの詰まりでも起こり得ます。給湯器はガスや電気それぞれタイプがありますが、長年使用していない場合や経年劣化や取付時の整備不良などで、水漏れが起こり得ます。特に、ガスの場合放置しておくと、ガス漏れや不完全燃焼に伴う一酸化炭素中毒のリスクが高まります。早急に専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

■その他生活場面における水漏れについて

生活場面では、キッチンやトイレも起こり得る所です。キッチンの排水溝は、食事の後に出る油や食べかすを流すことで油が固まり、詰まりや悪臭の原因となります。その上、封水がなくなり逆流を起こすことで、床が水浸しの原因となります。蛇口の故障が原因でも水のトラブルが起きます。部品の劣化や故障もありますが、賃貸物件で高層階に住んでいる方は、増圧ポンプの不具合に伴うことも原因の一つです。
トイレも、便器のひび割れや接続部品が経年劣化に伴っての不具合もあります。タンクの不具合も原因の一つです。近年では、温水専用便座を設置しているところも多いですが、機器の故障やトラブルも水漏れが発生する要因です。各種部品交換を含めた修理には相応の技術と工具が必要ですから、専門業者に依頼することがおすすめです。

■まとめ
水漏れをはじめとした水のトラブルは、部品の経年劣化や気候による要因もあります。一方、定期的な清掃やメンテナンスでも防げることが多いです。特にエアコンや温水器は長期間使用していなかったら、ごみが溜まっている状態になっていることが多いので注意が必要です。近年では、機器も進化しており便利になっていますが、各種トラブルが起きた際には専門業者に依頼することがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース